Feelin Games ロゴ

オンラインマルチプレイ通信を実装中

プレイヤー操作によるオブジェクトの位置・状態、ワールド区画の状態を同期させるサーバー通信の実装(Go言語)が完了した。現在は、後半に差し掛かり、ゲームのフロント(Unity)で、リアルタイム同期な世界を見せる部分に取り掛かっている。他のオンラインプレイヤーが、ワールドの区画を購入、売却すれば、表示反映され、建築をすれば、それが自分の目の前で起こるという本丸となる部分だ。インターネット通信を介すために100%のデータ到達、信頼性はない。異常系のテストとそれをカバーする作り込みが必要になってくるだろう。Steamで、早期アクセス版v0.4として、この夏〜秋には、リリースしたい。

オンライン・マルチプレイ・サーバーの体制

Feelinオープンワールドでは、USサーバー、Japanサーバー、EUサーバーの3台を稼働させている。

1サーバーインスタンスあたり、計算上では、最大1,000プレイヤーまで入ることができる。足りなくなった時は、サーバーを機動的に追加していくこともできる。行って来いのPing通信速度は、最寄りのサーバーで大体100ms、遠くのサーバーなら300ms程度になる。Google Cloud Platform(GCP)のおかげで、マルチプレイサーバーを比較的簡単に実現できる。

Tweet